「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

就活の面接で失敗 挽回するためにお礼ハガキを送ろう

就活においては面接は重要ですが、思うように応える事ができなかった、と後悔する人もいます。

しかし、そこで諦める事はありません。挽回する方法があります。それはハガキを送る事です。

・面接のお礼ハガキを送る

 面接試験を受けた時に失敗をリカバリーして落とされる事を防ぐ方法があります。

受験者のほとんどの人間は面接試験を失敗したと思っても、何もする事なくただ結果を待つだけになります。

 しかし、これでは行動力や積極性、高いコミニュケーション能力、どうしても受かりたいのだという熱意が感じられません。

・どのような内容のハガキを送るのか

 やり方はいたってシンプルです。人事部あてにお礼を記したハガキを速達で出すようにします。

面接のお礼の言葉を中心に書いて、うまく言えなかった事で後悔している自己PRや志望理由を簡潔に盛り込み、仕事に対しての熱意の言葉で締めくくるようにします。

 ハガキですから10分もあれば書く事はできます。開封する手間が必要になる手紙よりはハガキの方が読んでもらえる可能性が高いです。

文章は短くて済みますし、書き手には書きやすく、読み手には読みやすい利点があります。お礼ハガキを受け取り嫌な面接官は普通はいません。

 試してみる価値は大きいと言えるでしょう。

・目標を達成するためには全力を尽くす事

 お礼ハガキを出しても必ずしも不合格から合格に変わるとは限りません。あくまでも、合格の可能性を上げる手段にすぎません。

しかし、合格の可能性を少しでも高める事ができるのならば、試してみる価値は十分にあるでしょう。

 それにそれだけ頑張って就活に臨んだ事で、もし落ちても悔いが残りません。

大事な事は目標達成のためにできるだけの事をする事です。この事は就職活動に限る事ではなくて人生のあらゆる事に対しても言える事です。

 例えば転職試験に熱がある受験者なら面接した後には、人事にお礼の手紙を書いています。仕事でも熱心な営業マンなら営業先に訪問した後に、お礼状を出すものです。全力で行動する事が大事です。

 採用試験において行動力は高い評価を受ける事です。昨今は草食系男子がたくさんいますが、激しい企業間競争を知っている面接官は、草食系のおとなしい人よりも、肉食系で行動力があり、執念のある熱い気持ちを持っている人に対して魅力を感じるのです。

 就活の際に受けた面接試験で後悔しているのなら、面接お礼ハガキを送るようにしてみましょう。試してみる価値は十分ありますよ。

就活の始め方 -就活は何から始めればいい?

どうしても諦めたくない 落ちた企業を再受験するには

就活をしていてもすべてが上手くいくとは限りません。時には希望している企業に落ちる事もあります。

しかし、その会社をどおしても諦める事ができない時はどうしたらいいでしょうか。それには粘り強さをアピールして再受験をさせてもらう事です。

・落ちた経験で自分は強くなったと考える事

面接で落ちてしまうと、自分の全てを否定されたようで、大きなショックを受けます。しかし、そんな時でも「こんな大きなショックを経験したんだ。だから少々の事ではへこたれないぞ」と自分を奮起させましょう。

試験に落ちてもマイナスに捉えれてはいけません。就活においては基本的な事を言えば、落ちた企業に関しては忘れて、次の企業に狙いを定める方がいいです。

しかし、どうしても諦める事ができない時には、粘り強くチャレンジする必要があるのです。

・粘り強く挑戦して内定をもらう

落ちた企業を再受験して内定をもらうにはどうしたらいいでしょうか。一番効果的なやり方は粘り強さアピール作戦です。

基本的には諦める事なく粘り強くなる事です。そこで「もう一度、チャンスをください」という主旨の内容の手紙を人事あてに書いて、手紙が到着した翌日に電話を入れ、熱烈に申し込みをします。

これでもう一度面接できる可能性があります。それで無事に内定を勝ち取る人もいます。採用担当者からしてみたら、印象に残りやすい相手とは落とされても粘り強くアピールしてくる人なのです。

落とされてもめげずに挑戦してくる姿に担当者は魅力に感じる事があるのです。なお再受験の依頼を拒否されても諦めないで頑張りましょう。そして2か月から3か月後に改めて手紙を送りお願いします。

2度目、3度目の依頼でそこまでの思いがあるのならと、再チャンスをくれる事があるからです。実際仕事においても取引する価値が高い顧客であれば、1度断られた程度で諦めるなど愚の骨頂です。そんな社員は普通はいません。

手を変えて何度でもチャレンジです。100回断れても諦めないくらいの気構えでいましょう。どうしても諦める事ができない企業なら、最低でも2回、3回はチャンスを狙いチャレンジしてみる事です。

また企業側としてはその年、内定辞退者の数が予想よりも多い時には、再受験を依頼してきた学生がいたら許可する事もあります。それから再受験する際の注意点としては、自己PR、志望理由はゼロから作成する事が大事です。

落とされた時と同じような事を言っていては、、進歩が無い人に思われます。気をつけましょう。