ちょっとした努力 これを聞くだけで面接合格力が上がる

就活において重要になるのは、面接です。これに受かる事ができないと先に進めません。

そこで面接合格力を上げる方法を3つほど紹介します。採用担当者、知り合った社員、内定者に一言聞くだけで面接の時に何を話せばいいのか、判断力が養われます。ここに挙げる方法をぜひ、試してみましょう。

・受かった理由を聞いてみる

 採用担当者からの連絡で面接合格の電話が来ても、普通は次回の面接日に関しての話ししかしない人が多いです。

ここであえて自分がなぜ合格したのか、どこを認めてくれたのか合格した理由を聞いてみましょう。

 礼儀正しく、誠意を持ち聞いてみれば、何かしらのコメントをくれる事が多いです。

このコメントは次回の面接を受ける時にすごく参考にする事ができます。ダメもとで聞いてみましょう。

 また不合格の連絡が来た時にも、ダメもとで理由を尋ねてみるといいです。教えてくれる事もあるからです。

・店舗見学で知り合った社員になどにも聞いてみよう

 面接での受け答えをノートに書きだして、OB訪問や会社説明会、店舗見学で知り合った社員に見てもらって、合格した理由や落ちた理由を尋ねましょう。社会人目線でのアドバイスは非常にためになります。

 学生目線では気づく事ができない事を指摘してもらえる事があるからです。直接は会えない時にはメールでもいいでしょう。

その際に気を付ける事は礼儀正しく、丁寧にお願いする事です。

 このような場合に備えて定期的にメールなどでコミニュケーションを取っておくといいでしょう。

・内定者に聞いてみる

 先ほどと同じように、面接での受け答えをノートに書きだします。そして内定者に聞いてもらうといいです。

重要になる事は内定者の影努力。例えば企業研究や自己分析の事もしっかりと聞く事です。

 受け答えを真似する事ではなくて、影努力を真似する事が大事です。

自分の返答を客観的に評価してもらえて、これから先の方針、改善する点をを明確に判断できる意味でしてみる価値は大きくあります。

・まとめ

 面接は就活において避けて通る事ができない、また不安な事が多い試験です。しかし、たった一言聞くだけでも面接合格力を上げるために必要な、受け答えの判断力をつける事ができます。

 採用担当者、内定者、知り合いの社員などに勇気を出して聞いてみましょう。

社員と話す事にも慣れるので、面接の時に起こる過度の緊張も和らげる事ができます。小さい努力かもしれませんが、やる事で得られる成果は大きいのでぜひ、試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です