どうしても諦めたくない 落ちた企業を再受験するには

就活をしていてもすべてが上手くいくとは限りません。時には希望している企業に落ちる事もあります。

しかし、その会社をどおしても諦める事ができない時はどうしたらいいでしょうか。それには粘り強さをアピールして再受験をさせてもらう事です。

・落ちた経験で自分は強くなったと考える事

面接で落ちてしまうと、自分の全てを否定されたようで、大きなショックを受けます。しかし、そんな時でも「こんな大きなショックを経験したんだ。だから少々の事ではへこたれないぞ」と自分を奮起させましょう。

試験に落ちてもマイナスに捉えれてはいけません。就活においては基本的な事を言えば、落ちた企業に関しては忘れて、次の企業に狙いを定める方がいいです。

しかし、どうしても諦める事ができない時には、粘り強くチャレンジする必要があるのです。

・粘り強く挑戦して内定をもらう

落ちた企業を再受験して内定をもらうにはどうしたらいいでしょうか。一番効果的なやり方は粘り強さアピール作戦です。

基本的には諦める事なく粘り強くなる事です。そこで「もう一度、チャンスをください」という主旨の内容の手紙を人事あてに書いて、手紙が到着した翌日に電話を入れ、熱烈に申し込みをします。

これでもう一度面接できる可能性があります。それで無事に内定を勝ち取る人もいます。採用担当者からしてみたら、印象に残りやすい相手とは落とされても粘り強くアピールしてくる人なのです。

落とされてもめげずに挑戦してくる姿に担当者は魅力に感じる事があるのです。なお再受験の依頼を拒否されても諦めないで頑張りましょう。そして2か月から3か月後に改めて手紙を送りお願いします。

2度目、3度目の依頼でそこまでの思いがあるのならと、再チャンスをくれる事があるからです。実際仕事においても取引する価値が高い顧客であれば、1度断られた程度で諦めるなど愚の骨頂です。そんな社員は普通はいません。

手を変えて何度でもチャレンジです。100回断れても諦めないくらいの気構えでいましょう。どうしても諦める事ができない企業なら、最低でも2回、3回はチャンスを狙いチャレンジしてみる事です。

また企業側としてはその年、内定辞退者の数が予想よりも多い時には、再受験を依頼してきた学生がいたら許可する事もあります。それから再受験する際の注意点としては、自己PR、志望理由はゼロから作成する事が大事です。

落とされた時と同じような事を言っていては、、進歩が無い人に思われます。気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です