就活に相応しい女性の服装とは

就活に相応しい女性の服装とは

就活において、服装は重要です。

 

全体のイメージはさることながら、実は細部まで見られています。

 

就活に相応しい女性の服装のポイントは、以下のとおりです。

 

一つ目は、「スーツ」。

 

サイズが大きいと、不自然な感じになってしまいます。自分のサイズが分からなければ、店員に尋ねたほうが無難です。

 

スカートは、膝が見えるくらいの長さがベストです。

 

また、ジャケットやスカートに仕付糸が付いたままになっている人を、たまに見かけます。

 

仕付糸は、あくまで服のシルエットを整えるための物なので、着る時には取っておかなければなりません。

 

二つ目は、「ブラウス」。

 

ボタンは全部留める、もしくは第一ボタンだけ外すというのが基本です。

 

全部留める場合は、首周りが苦しくならないよう、余裕のあるサイズの物を選んでください。

 

スキッパータイプの襟だと、首周りにボタンがないので、スッキリした印象を与えることができます。

 

三つ目は、「アクセサリー」。

 

就活においては、何も着けないのがベストなのですが、どうしても着けたいという場合は、シンプルなデザインの物にしましょう。

 

華美な物や、ジャラジャラと音が出るような物は避けてください。

 

四つ目は、「爪」。

 

爪は、清潔感がかなり出る部分なので、目立つカラーのネイルや、付け爪などは避けるべきです。

 

マニキュアを塗りたい場合は透明の物など、目立たず肌の色と馴染みやすい物にしましょう。

 

五つ目は、「腕時計」。

 

時間の確認に携帯を使うというのは、あまりよい印象を与えません。

 

ですから腕時計を着けたほうがよいのですが、「落ち着いていて、シンプルなデザイン」の物にしてください。

 

また、アラーム機能が付いている場合は、オフにしておきましょう。

 

六つ目は、「カバン」。

 

大きさとしては、A4の書類が入るくらいであればOKです。

 

ただし、雨が降って来た時などに備えて、クリアファイルも用意しておいたほうがよいでしょう。

 

七つ目は、「ストッキング」。

 

素足は厳禁です。

 

必ず、ストッキングを着用してください。

 

色は、肌に近いベージュ系の物がよいですが、伝線した時などに備えて、予備も持っておきましょう。

 

八つ目は、「靴」。

 

一般的なのは、パンプスです。

 

ヒールの高さとしては、3〜5cmくらいが疲れにくく、よい印象を与えられます。

 

ヒールのある物は履きにくいという場合は、ストラップ付きの物がおすすめです。

 

九つ目は、「コート」。

 

スーツに合わせるなら、トレンチコートが基本です。

 

長さは、膝丈くらいがベストです。

page top